えっ顔がかゆいのは乾燥が原因!?かゆみを感じる原因と対策とは?

乾燥して顔にかゆみを感じるのには、いくつかの理由があります。
最も多いのが洗顔方法や洗顔化粧品、洗顔後のスキンケアなど洗顔に関することです。
顔の乾燥やかゆみを対策するのに大切なのは、保湿ケアです。
保湿ケアは、洗顔と深くかかわっています。そこで押せておきたいいくつかのポイントがあります。
間違った方法や、化粧品でケアを続けていると、乾燥やかゆみだけではなく、肌のトラブルが大きくなります。
是非覚えておくと便利です。

 

洗顔料は、成分と洗浄力を気にする必要あり!

洗顔

洗浄力の高いもののなかには、合成界面活性剤が含まれたものがあります。

これは肌に刺激を与えます。なるべく含まれていないものがよいでしょう。

 

そして肌に優しい天然成分を使っている洗顔料などがオススメです。
顔の皮脂を落としすぎないので、乾燥をさせずに、皮脂をほどよく残しお肌をカバーします。
化粧水も保湿成分を多く含んだものがオススメです。
たとえば角質細胞間脂質であるセラミドなどがそれにあたります。

 

セラミドは、特に加齢により減少するので、アンチエイジング対策にも効果的です。
化粧水もヒアルロン酸、ナノコラーゲンなどが肌に潤いを与えてくれますので、それらが配合されたものが良いですね。
そして美容液も大切です。

 

顔の乾燥やかゆみの原因はほとんどが水分不足

乾燥肌顔

そのためセラミドが配合された美容液を選ぶことが、対策につながります。

あまりにもべたつきを感じる高純度のものは、肌に刺激を与えることがありますので、つけすぎると逆効果になるかもしれません。
肌トラブルになることもあるので、自分の肌につけ心地がちょうど良いものを選ぶのがベストです。
スキンケアは、顔の乾燥やかゆみを対策するため、肌に潤いを補給することが大切です。

 

そして、水分を保ち、ターンオーバーさせることが大切です。
保湿成分を与えるだけではなく、肌が本来持っている機能を高めることが必要です。
そのため、スキンケアで気を付けることは、洗顔は優しくマッサージするように行いましょう。
肌に刺激を与えないように、人肌の温度のぬるま湯で時間をかけてゆっくり行いましょう。

 

そして、回数は朝夕の2度で十分です。
何度も洗顔するのはかえって肌にダメージを与えます。
それから、化粧水だけでは不十分ですのですので、べたべたするからとミルクや美容液などをしないのはだめです。
かならず化粧水で水分補給をしてから、肌に栄養を与えてください。